OCaml

練習問題 6.9 XMLをヴァリアントで表す

練習問題 6.9

以下のヴァリアントは、XML文書の構成要素を表すデータ構造です。(PCDATAというのは、XMLの用語での文字列です)。
type token = PCDATA of string | Open of string | Close of string;;
type token = PCDATA of string | Open of string | Close of string
これで(整形式ではないかもしれない)XML文書を token のリストで表すことができます。例えば、
Hello
は、 token のリストを使って
[ Open “a”; Open “b”; Close “b”;
Open “c”; PCDATA “Hello”; Close “c”; Close “a” ];;
: token list =
[Open “a”; Open “b”; Close “b”; Open “c”; PCDATA “Hello”; Close “c”; Close “d”]
と表現できます。 token list を受け取って、それが整形式 XML を表しているなら (string, string)XMLを返す関数 xml_of_tokens を定義しなさい。(整形式ではない場合の動作についてはここでは特に指定しません)。

解答

type token = PCDATA of string | Open of string | Close of string;;

let rec xml_of_tokens = function
    [] -> ""
    | Open a :: rest -> "<" ^ a ^ ">" ^ xml_of_tokens rest
    | Close a :: rest -> "</" ^ a ^ ">" ^ xml_of_tokens rest
    | PCDATA a :: rest -> a ^ xml_of_tokens rest;;


let test1 = xml_of_tokens [ Open "a"; Open "b"; Close "b"; Open "c"; PCDATA "Hello"; Close "c"; Close "a" ] =
 "<a><b></b><c>Hello</c></a>";;