OCaml

練習問題 10.3 バッチコンパイラでfoldコマンドを作る

練習問題 10.3 foldコマンドを実装する

UNIX の fold コマンドは、ファイル名の列を引数として、その内容を、長い行を複数の短い行(デフォルトでは 80 文字)に分割しながら表示します。これを OCaml で実装し、実行可能ファイルを作成しなさい。オプションとしては、行の長さを整数で指定する –width を実装しなさい。

解答

let ver = "0.1";;

let display_linenum = ref false (* 行番号を表示するかどうかを示す *)
and line_width = ref 80;;

let filenames = ref [];;  (* 処理するファイル名をためておく *)

let spec = [("-n", Arg.Set display_linenum, "Display line number");
            ("--width",
            Arg.Int (fun n -> line_width := n),
            "Display line width");
            ("-version",
            Arg.Unit
            (fun () -> Printf.printf "cat in OCaml ver: %s\n" ver),
            "Display version number")];;


let display_file filename =
  let oc = open_in filename
  and chars = ref 'a'
  and col = ref 0
  and end_of_file = ref false in
  while (!end_of_file == false) do
      try
          col := !col + 1;
          chars := input_char oc;
          print_char !chars;
          if !chars = '\n' then col := 0; 
          if (!col <> 0 && !col mod !line_width = 0) then print_char '\n';
      with End_of_file -> end_of_file := true
  done;
  close_in oc


let _ =
    Arg.parse spec
    (fun s -> filenames := s :: !filenames)
    "Usage: cat [-n] [-help] [-version] filename ...";
    Printf.printf "line_width: %d" !line_width; print_newline();
    (* この時点で display_linenum, filenames が変更されているはず *)
    List.iter (fun s -> display_file s)
    (List.rev !filenames);;

考えたところ

オプションの処理

spec は、オプションについてのリストである。

その中で、–width というオプションについては、以下のリスト要素で処理をおこなう。

(“–width”, Arg.Int (fun n -> line_width : = n), “Display line width”);

Arg.Int であるが、この関数は、引数として、オプションの整数と、その整数を処理するための関数を受け取る。

この引数としてセットする関数のタイプは、int -> unit なので、返り値はいらない。
今回は、受け取った整数を line_width に代入している。

今後の課題

UNIX版の fold もそうなのだが、日本語の文字を受け取ったときの処理を考えなくてはならない。文字と文字の境界でうまく切れればいいのだが、そうでない場合、文字が消えるか、文字化けする。

(参考)

[lisp]UTF8の文字境界を判定