このミルで豆を挽きます

自家焙煎に挑戦

コーヒーの自家焙煎やってます。

煎る道具は、これです。

 「煎り上手」

これに買ってきた生豆を入れて、コンロの上で左右に振る。

ものすごく腕が疲れます。

最近、右腕が痛いなあと思っていたら、これが原因でした(>_<)

僕は、深煎りが好きだから、けっこう疲れるんです。

煎ってから、だいたい2日ぐらいおいてから、飲みます。

まず、ミルで挽く。グラニュ糖ぐらいの大きさに・・・。

このミルで豆を挽きます

これを淹れるのに、ペーパーフィルターを使ってます。

お湯はだいたい、85度前後。

まず、「蒸らし」。30秒ぐらい。

コーヒー豆がお湯を吸って、ふーっと膨らみます。

この時、上の泡が抽出されないように気をつけます。これ、まずいから。

この動画は、アイフォンです。

豆は、ペルー産で、ちょっと濃いめの深煎りです。

飲んでみると、香りがよくて、苦みと酸味もほどよくおさえられていて、

少し甘みを感じます。

 

自分で、豆を煎って、コーヒーを淹れると、とてもおいしいです。

そんじょそこらの喫茶店のコーヒーは、もう飲めません。

僕の淹れたコーヒーのほうが、はるかにおいしいです。

 

ただひとつ、「負けた!」と思った喫茶店は、

「カフェ バーンホーフ」

ここのペルーの深煎りは、僕のよりまろやかです。さすがです。